会社概要

会社名 宮古島まちづくり株式会社
資本金 5,000,000円
設 立 2014年2月

TEL

0980−72−9800
事業内容 公設市場eコマース事業
web制作事業
イベントやセミナー企画
イベント機器レンタル
商業振興を図るための企画
 ミライヘセンター運営
経営理念 わたしたちは宮古島の将来のために魅力ある地域を創造します
ロゴへの想い
モノからコトへの時代は人との繋がりがとても重要です。共感できる仲間と連携して事業を推進していきます

宮古島でコアワーキングはどうだろう?

宮古島市の課題のひとつは人口減少(下図参照)です。2014年9月現在の65歳以上の高齢化は22%と県内でもトップクラス。沖縄本島が開発による都会化で、島の若者は島外流出の歯止めをかけることができません。「自分の実力を試したい、もっと能力を伸ばしたい」と思うのは誰でも若いときに経験した覚えがあるはずです。しかし、地域活性の目的は雇用を促進することですから、このような状況では仕事を確保することはおろか、労働力を確保することも困難です。5年後、10年後の宮古島市がどうなるかは想像できるはずです。このような宮古島市の課題に気づいて行動できる人はそう多くはいません。わたしたちにできることは、行動し情報を発信すること、何より多くの意味のある人と出会うことが重要だと考えます。そして民間目線のリーダー創出・・・

仕事がない=人口減少という構造ですから、仕事を持っている人(企業)が宮古島と関係を築く方が最も良い選択だと考えています。ネットがあればどこでも仕事ができると言われるようになって久しく宮古は自然が豊富で家賃も安く、小さく平坦な島なゆえに通勤もストレスを感じません。ですから、労働力(生産性)を期待できることと確信しています。残念ながら「南の島でのんびりした時間で自分のペース・・・」という方には同じ価値観を持つチームをおすすめします。
「よそ者・若者・変わり者」が地域の問題提起し、解決できるキーパーソンです。双方が「島の活性化」を共通の理念として連携し魅力のある島づくりできるチーム作りを推進していきます。コアワーキングの考え方は他産業に波及できるように結果を残していくことが私たちのミッションです。


島外企業との業務提携を!

島外からの仕事を受注することは新規雇用や雇用継続に繋がりますし、何よりITのスキルアップも期待できます。
私たちはコアワーキングを実現するために島外の企業との業務提携は重要なことだと考えます。人材確保や育成などの課題もありますが、まずは、コツコツと実績を積み上げていくことから始めていきます。精度と生産性を意識した身の丈に合った受注を確実に増やしていきます。

【2015年1月契約締結】
株式会社クラウドワークス
https://crowdworks.co.jp

マザーズ上場
証券コード3900
https://crowdworks.co.jp/ir/news

【2015年4月契約締結】
株式会社アイレップ
http://www.irep.co.jp

東証2部上場
証券コード2132
http://www.irep.co.jp/ir/

宮古島の特産品を島外へ!

宮古島の農水産物や加工品などを島外で販売することは地元事業所の雇用継続に繋がりますし、新規雇用も期待でき、商品開発にもに拍車がかかります。私たちは継続的な販売を目的とした卸業やEコーマース事業をミッションとしています。

【取扱商品】海産物、農産物、加工品(お菓子、ドリンク)、民芸品、健康食品、雑貨、コスメ.etc
【取引条件】原則として買取となります。

【2015年4月契約締結】
エンターテインメント施設「HAPINAHA」
http://hapinaha.com

【2005年4月オープン】
自社サイト「385じま公設市場本店」
http://385store.com

【2015年6月契約締結】
国際通り屋台村 離島マルシェ
http://www.okinawa-yatai.jp

【2015年4月オープン】
楽天市場「385じま 楽天市場店」
www.rakuten.co.jp/385store

【2017年3月オープン】
楽天市場「385じま Yahoo!店」
http://store.shopping.yahoo.co.jp/miyakojimia